年収150万円でも豊かに生活

生活にハブを導入する

突然ですが皆さんは自分の年収が150万円になってしまったら生活ができると思いますか?
月々の月収とボーナスを含めると150万円を一ヶ月に稼ぎ出している人もいるのではないでしょうか。
1年間に稼ぐお金が150万円だけだったらどうやって生活すれば良いのかわからずに路頭に迷ってしまうという人もいます。

しかし、自分の生活そのものにハブを導入し、利便性を高めることによって、年収150万円でも充分豊かな生活をしている人がいます。
それはどのような生活かというと、前述の通り、自分の生活にハブを導入することになります。
つまりお金を支払ってその対価となる商品を購入するのではなく、直接的に商品を入手する方法をとれば手元にお金がなくても十分な生活ができるわけです。

例えば新しいコートが欲しいと思った場合には、これまで自分が大切にしてきた洋服を古着として先方と交換する方法や、家電商品が欲しいと思った場合には自分の持ち物をオークションなどで販売し、ここで入手したお金を家電商品の購入費用に充てリーズナブルなものをネット上から購入することができれば、ここでもやはり自分のお財布に現金が入っていなくても新しい商品を入手することができます。
このような生活はネット上の仕組みを上手に利用しながら一緒に仕事をしていく人材までもを集められる方法となっており、様々なものに交換価値を持たせることで少ない収入でも裕福な生活ができるようになるというものです。

着眼点は世の中のニーズと手間

前述したような生き方というのはどこに着眼点を置いたのかというと、まず世の中のニーズインターネットが普及していてどんなことでも行えるようになった中で、直接買い物に出かける事が難しい人はネット上で商品を購入することや経済的にあまり裕福ではない人がリーズナブルに欲しい物を譲ってくれる人を探すなどといったことからヒントを得たようです。
また店舗に商品を購入しに出かけると、どうしても配達の手間やそもそも買い物に出かけなければいけないという手間が必要になりますが、ネットを利用することによってこのような手間を全て省くことができます。

それぞれのものに交換価値を持たせ生活の中にハブを導入することでこんなにも利便性に優れていて、なおかつお金のかからない生活ができることを誰が想像したでしょう。
ソーシャルキャピタライザーとしてこうした生活をするまでにはもちろんネット上についての知識をしっかり持っていなくてはならず、ある程度のシステムも把握していなければなりませんが、それでも必死になってお金を稼ぐことに視点を当てるのではなく、どうすれば安定した生活ができるのかといった部分に視点をあてるだけでストレスを感じず、体への負担も小さく十分な暮らしができることを実感させてくれる新しい生き方です。

広告掲載について / 採用情報 / お問い合わせ / 著作権について / ご利用上の注意