残らないコミュニケーションが支持される理由

ネットのトラブルを上手く回避したビジネス

SNSがネット上で普及するようになってから、利用者は爆発的に増えました。
特にFacebookなどのように利便性にも優れていて、日本だけではなく海外ともコミニケーションが取れるようなツールは多くの人が利用していましたが、こうしたSNSへの投稿と言うのはいつまでも保存されてしまう傾向にあり、最初は多くの利用者を集めましたが様々な懸念から、SNS離れが進んでいます。

しかし、SNSというのは自分の思っていることを簡単に綴るツールとしては非常に適していますので、ストレスを感じていたりなんとなく誰かに聞いてほしいことを書いたりする時にはとても助かる存在です。
自分の書き込みがいつまでも残ってしまうことを懸念すると、このように愚痴を吐き出すこともできなくなってしまうため、ここで考えられたビジネスモデルが残らないコミュニケーションです。

これまでは自分の投稿がいつまでも残ってしまうことや他の場所で転載されているなどといったトラブルがありましたが、残らない投稿を行うことができるようになったことで誰でも気軽に自分の愚痴やその時思っていることを書き込んだり、双方でのコミニケーションが簡単に取れるようになりました、ら
直接的に商品を販売するようなビジネスモデルではありませんが、世の中のニーズにしっかり応え、利用者を増やし続けながら成功しているビジネスモデルの一つとなっています。

利用者の気持ちを考えるからこそ成功したビジネス

このようなビジネスモデルというのは誰も想像していなかったものになりますが、利用者の気持ちそのものをしっかり考えた上での成功といえるでしょう。
SNSそのものを利用したいと思っていても自分の書き込みがどこかで転載されてしまうことや、さらされてしまうことを恐れ利用できないと思っている人、又は自分と誰かのコミュニケーションが他の人に目に触れてしまうことを避けたいと思っている人のニーズにぴったり当てはまっています。

双方がツールを利用している間は互いにコミニケーションをとることができて一定期間が経過すれば消去される投稿内容となっているため、さほど他の人の目を気にせず、様々な内容でのコミニケーションが取れます。
このようなビジネスモデルを構築したことで再びネット上でコミニケーションをとりたいと考える人が増え、これまでは1時的に敬遠していた人でも改めてコミニケーションツールとして利用することができています。

自分の投稿がいつまでも残らないと言う安心感を与えたことで、その時思っていることを気軽に書き込めるというのは、ユーザーにとって非常に大きなメリットをもたらします。
何気なく思っている愚痴などを気軽に書き込めることでストレスは溜め込まず、その後は自分の気持ちを切り替えたりトラブルが生じた際にも後を引かず短時間で解決できるといったメリットももたらしています。

広告掲載について / 採用情報 / お問い合わせ / 著作権について / ご利用上の注意